MENU
《非公開情報》noteで配信中!

大阪市教員採用試験の過去問(問題・解答)【一次・二次試験対策】

大阪市教員採用試験の過去問
この記事で解決できること

過去問を正しく使えば、さまざまな恩恵を得ることができます。逆にいえば、過去問の使い方次第で大きく差が出るということです。

本記事では、大阪市教員採用試験の過去問をまとめています。

他自治体の過去問は使うべき?」、「解説はある?」、「何年分解けばいいの?」といった疑問も解決できるので、ぜひ参考にしてくださいね。

過去問を見て、出題形式や内容、難易度の確認をしてみましょう。

本記事の詳細はこちら

【2024年度】大阪市教員採用試験の過去問

2024(令和6)年度大阪市教員採用試験の過去問(問題・解答)をまとめています。

出題形式やレベルなどの確認をしてみましょう。

教職教養(一次試験)

問題・解答(PDF)

専門教科(二次試験)

小学校問題・解答(PDF)
国語問題・解答(PDF)
社会問題・解答(PDF)
数学問題・解答(PDF)
理科問題・解答(PDF)
音楽問題・解答(PDF)
美術問題・解答(PDF)
保健体育問題・解答(PDF)
技術問題・解答(PDF)
家庭問題・解答(PDF)
英語問題・解答(PDF)
養護教諭問題・解答(PDF)
栄養教諭問題・解答(PDF)
2024年度大阪市教員採用試験の専門教科過去問(二次試験)

【2023年度】大阪市教員採用試験の過去問

2023(令和5)年度大阪市教員採用試験の過去問(問題・解答)をまとめています。

出題形式やレベルなどの確認をしてみましょう。

教職教養(一次試験)

問題・解答(PDF)

専門教科(二次試験)

小学校問題・解答(PDF)
国語問題・解答(PDF)
社会問題・解答(PDF)
数学問題・解答(PDF)
理科問題・解答(PDF)
音楽問題・解答(PDF)
美術問題・解答(PDF)
保健体育問題・解答(PDF)
技術問題・解答(PDF)
家庭問題・解答(PDF)
英語問題・解答(PDF)
養護教諭問題・解答(PDF)
栄養教諭問題・解答(PDF)
2023年度大阪市教員採用試験の専門教科過去問(二次試験)

【2022年度】大阪市教員採用試験の過去問

2022(令和4)年度大阪市教員採用試験の過去問(問題・解答)をまとめています。

出題形式やレベルなどの確認をしてみましょう。

教職教養(一次試験)

問題・解答(PDF)

専門教科(二次試験)

小学校問題・解答(PDF)
国語問題・解答(PDF)
社会問題・解答(PDF)
数学問題・解答(PDF)
理科問題・解答(PDF)
音楽問題・解答(PDF)
美術問題・解答(PDF)
保健体育問題・解答(PDF)
技術問題・解答(PDF)
家庭問題・解答(PDF)
英語問題・解答(PDF)
養護教諭問題・解答(PDF)
栄養教諭問題・解答(PDF)
2022年度大阪市教員採用試験の専門教科過去問(二次試験)

大阪市教員採用試験の過去問以外も解くべきか

結論、大阪市教員採用試験以外の過去問も使って勉強してください

出題傾向は自治体によって違いますが、求められる知識量に差はないからです。

たとえば、次の問題を見てみると…。

問題①(2024年度大阪市)

2024年度大阪市教員採用試験の問題
2024年度大阪市教員採用試験の問題

問題②(2023年度高知県)

2023年度高知県教員採用試験の問題
2023年度高知県教員採用試験の問題

表現こそ多少違っているものの、同じテーマの問題です。高知県の過去問も解いていれば、この問題の正答率は格段に上がったことでしょう。

「大阪市以外の過去問も使う」というのは、こういうことです。

とくに、最新の教育時事や出題頻度の低い分野を志望先の過去問だけでカバーするのは限界があります。

他自治体の過去問を問題集代わりにして勉強することはとても有効なので、ぜひ活用しましょう。

教員採用試験の過去問について、詳しくは次の記事でまとめています。

大阪市教員採用試験の過去問でよくある質問FAQ

最後に、大阪市教員採用試験の過去問でよく聞かれる質問に回答します。

  • 過去問の解説はありますか?
  • 過去問は何年分解くべきですか?

過去問は何年分必要ですか?

3~5年分の過去問があれば良いでしょう。

3年以下だと演習量としては物足りませんし、逆に多すぎても制度の改訂や変更で、間違った知識を覚えかねないからです。

福永

たとえば、令和4年12月に生徒指導提要の改訂がありましたね!

極端な話、令和5年度より前の問題(生徒指導)を勉強してもあまり意味がないのです。

とはいえ、出題傾向をつかむには多くのデータ(過去10年程度)があると精度が高くなるので、勉強用に3年分、分析用に5~10年分準備できるといいでしょう。

なお、一次試験に行われる教職教養の出題傾向について、詳しくは次の記事で解説しています。

大阪市教員採用試験の過去問は目的をもって使うこと

過去問には「志望先」と「それ以外(全国)」の2種類あります。

志望先の過去問は勉強するものではなく、出題傾向を理解するためのツールです。

どれだけ繰り返し勉強しても意味はありません。過去問はあくまで、過去の問題であって、同じ問題は出ないんですよね(類似問題はでることもあるけど・・・。)

志望先の過去問を何度も繰り返すのではなく、出題傾向を理解し、その出題範囲や周辺知識を他自治体の過去問で覚えていくのが勉強です。

過去問に限らず、目的を決めて参考書や問題集を使うのはとても大事なポイントです。何となく使って時間や労力を消費しないようにしてください。

今回は以上です。

記事が見つかりませんでした。

本記事の詳細はこちら