MENU
《非公開情報》noteで配信中!

【教員採用試験の専門教養】栄養教諭の試験内容(科目)と勉強方法

栄養教諭の試験内容と勉強方法

本記事は、教員採用試験の専門教養「栄養教諭」について試験内容(科目)と勉強方法を解説しています。

栄養教諭を志望している方や目指している方は参考にしてください。

本記事の詳細はこちら

【教員採用試験】専門教養「栄養教諭」の試験内容

教員採用試験の専門教養「栄養教諭」は、栄養教諭としての職務内容から専門的な内容まで幅広いです。

勉強が必要な領域は概ね次の5分野になります。

  • 栄養教諭制度と食育
  • 食に関する指導
  • 学校給食を通した食の指導
  • 学校給食の実施と管理
  • 自治体の施策や制度

概要や問題例を紹介するので、確認してみてください。

栄養教諭制度と食育

主な出題内容:栄養教諭制度や栄養教諭の職務内容、食育基本法などに関する出題があります。

栄養教諭の問題例(栄養教諭制度と食育)
栄養教諭の問題例(栄養教諭制度と食育)

食に関する指導

主な出題内容:食に関する指導の手引や学習指導要領(総則、特別活動他)などに関する出題があります。

栄養教諭の問題例(食に関する指導)
栄養教諭の問題例(食に関する指導)

学校給食を通した食の指導

主な出題内容:給食指導や学校給食法、アレルギー対応などに関する出題があります。

栄養教諭の問題例(学校給食を通した食の指導)
栄養教諭の問題例(学校給食を通した食の指導)

学校給食の実施と管理

主な出題内容:学校給食摂取基準や学校給食衛生管理基準、食中毒に関する出題があります。

栄養教諭の問題例(学校給食の実施と管理)
栄養教諭の問題例(学校給食の実施と管理)

自治体の施策や制度

志望する自治体が独自に行なっている施策や制度に関する出題があります。

栄養教諭の問題例(自治体の施策や制度)
栄養教諭の問題例(自治体の施策や制度)

なお、専門教養の特徴や重要性について、詳しくは次の記事で解説しています。あわせてご覧ください。

【教員採用試験の専門教養】栄養教諭の勉強方法

教員採用試験の専門教養「栄養教諭」は、次の手順で勉強するといいでしょう。

  • 出題傾向の把握
  • 頻出分野の攻略
  • 過去問で総復習

出題傾向の把握

最初にやることは、出題傾向の把握です。

栄養教諭の試験内容は幅広いですが、全範囲から均等に出ていません。

志望自治体の過去問を分析すると、一定の出題傾向がわかるので、早めに取りかかりましょう。

福永

過去問は5年分みるといいでしょう!

頻出分野の攻略

過去問分析で出題傾向を理解したら、その傾向に沿って勉強しましょう。

出題頻度が低い(出ていない)分野まで勉強するのは非効率です。

よく出ている(出ると予想できる)分野に時間をかけて覚えてください。

過去問で総復習

最後は、志望先以外の過去問をたくさん解きましょう

出題傾向は自治体によって異なりますが、必要な知識はどこも同じだからです。

過去問を使えば、どのような知識が、どのようなキーワードが狙われるのかを、実践形式で覚えることができ効率的です。

出題頻度の低い分野もここで覚えれば、最終的に全部の勉強ができるので、高得点が期待できますよ。

専門教養の勉強方法過去問について、詳しくは次の記事を参考にしてください。

【教員採用試験の専門教養】栄養教諭は高得点が必要です

教員採用試験における栄養教諭は、もっとも難度の高い教科の一つです。そのため、合格するには高得点が求められます。

自治体にもよりますが、最低7割、目標は8割以上

小学校や中学校の一部教科であれば5〜6割でも十分に合格できますが、栄養教諭はそれだと合格は難しいです。

早めに出題傾向を理解し、1問でも多くの問題を解いて勉強していきましょう。

今回は以上です。

本記事の詳細はこちら