MENU
《非公開情報》noteで配信中!

青森県教員採用試験の面接対策!質問内容や攻略のコツを徹底解説

青森県教員採用試験の面接対策

青森県教員採用試験の二次試験で行われる個人面接。

「自己PRや志望動機を聞かれる試験でしょ?」となんとなく内容をイメージできるけど、実際に”何を質問されるのか“気になるのではないでしょうか。

結論からお話すると、青森県教員採用試験の個人面接では、「教員を目指した理由は何ですか?」みたいなベタな質問・・・・・から、『褒めると叱るの違いは何ですか』といった、教員採用試験ならではの質問・・・・・・・・・・・・・まで幅広く聞かれています。

本記事では、青森県教員採用試験の個人面接に関する下記の内容を紹介します。

「個人面接で聞かれる質問が知りたい」「個人面接の内容が知りたい」「個人面接の対策を始めたい」という方は必見です!

早いうちに自己分析や志望動機の整理を行い、個人面接を攻略できるように準備を始めましょう。

なお、教採ギルドでは、他にも全自治体の面接質問を集約・配信しています。気になる方は、以下の記事を参考にしてみてください。

本記事の詳細はこちら

青森県教員採用試験 面接の質問

ここでは、実際に青森県教員採用試験を受験してきた方々から集めた面接試験の質問を抜粋してまとめています。

福永

その辺に落ちているような出典元が不明なものではなく、僕自身のツイッターやサイトで募集し提供してもらったリアルな情報を集約しています!

*令和5年度の内容を紹介します。

  • 教師になりたいと思ったのはいつからですか。
  • 教師を志望する理由は何ですか。
  • なぜ青森県の教師になりたいのですか。
  • 子供のどんなところが好きですか。
  • あなたのどこが教師に向いていると思いますか。
  • これまでの人生で一番うれしたったことは何ですか。
    →その経験を教師としてどう活かせますか。
  • ストレスはどんなときに感じますか。
    →ストレスはどうやって発散しますか。
  • 教師の不祥事をどう思いますか。
  • どのような子どもを育てたいですか。
  • どんな学級を作りたいですか。
  • 褒めると叱るの違いは何ですか。
  • 授業中に集中できない子供にはどう対応しますか。
  • 保護者対応で配慮すべきことは何ですか。
  • 保護者から子どもがいじめられていると電話があったらどう対応しますか。
  • 不登校の予防策はありますか。
  • 併願状況を教えてください。 など。

面接対策の基本は「予想される質問を知り、ベストな回答を準備する」ことです。今までの経験を思い返して、自信を持って答えられるように準備を始めましょう。

なお、ここには掲載しきれなかった問題や返答に困る質問への回答例は下記記事で公開しています。

青森県教員採用試験 面接の傾向

青森県教員採用試験の面接は、二次選考で行われます。

試験日令和5年9月23日(土)、24日(土)
試験時間20分
面接官3人
配点120点
評価基準○教員としての使命感や教員になろうとする意欲があるか。
○組織の一員として自覚を持ち、協力して職務を遂行しようとする協調性があるか。
○児童生徒に対する教育的愛情があるか。
○本県の教員として望ましい資質・能力について、総合的な適性があるか。

内容は、「個人面接」です。個人面接では1人の受験者に対して、集中してチェックできるため、面接官は様々な観点から評価することができます。

試験時間はやや長い

試験時間は約20分もあり、他の教員採用試験よりも少し長いです。

福永

平均は15分ほど!

また、配点は300(400)点満点のうち120点もあり、
個人面接の配点が高いのが青森県の特徴です。

*(  )は実技試験ありの場合

試験の配点(令和6年度)
小論文集団討議個人面接
60点120点120点

コンピテンシー評価型

面接では、出願時に提出する調書をベースに進行します。

しかし、長所に書いた内容以外からも聞かれるほか、1つ1つの回答に対して細かい深堀りをするコンピテンシー評価型で行われる点にも注意が必要です。

知識として知っている方も多いと思いますが、この面接形式は、結果や成果にとどまらず、その達成までのプロセスに着目し、受験者の行動特性を評価することを目的としています

たとえば「アルバイトは家庭教師をしていた」という回答に対して、以下のような追質問がされることがあります。

  • なぜ家庭教師をしようと思ったのですか?
  • どんな子どもたちを教えていたのですか?
  • 苦労(工夫)した点はありましたか?

このように、これまでの経験や体験について掘り下げる面接形式であるため、しっかりと準備しておく必要があるのです。

しかし、コンピテンシー評価型面接はタネさえわかっていれば恐れることはありません。時間をかけて対策すべき質問パターンはたった3つしかないので、早めにポイントを押さえて準備を始めましょう。

詳しいパターン(問われ方)は以下の記事を参考にしてください。

青森県教員採用試験 調書の重要性

調書とは、面接で使用される資料のことです。氏名や学歴などの基本情報にくわえ、志望動機や自己PRなどを記入して出願時に提出します。

調書の役割は、採用者が「受験者はどんな人物なのか?」を見極めるための資料なので、わかりやすくアピールできる内容を作成しなくてはいけません。

調書の内容

令和6年度青森県教員採用の調書_page-0001
  • 教員を志望する動機
  • 青森県を志望する理由
  • 部活動・サークル活動・ボランティア活動
  • 特技資格

調書はホームページからダウンロードできます。なお、提出は5月中旬(令和5年5月16日まで)に郵送するので、はやめに内容を固めておきましょう。

調書の書き方

  1. 自己分析
  2. 結論から書く
  3. 添削を受ける

調書を作成するときのポイントは以下の記事で詳しく解説しています。注意点などもまとめているので、参考にしてください。

実際の面接では、 調書の内容に沿って質問されることが基本となるため、書き方ひとつで状況をコントロールできるんですね。

また、面接官は限られた時間の中で何十人もの調書に目を通すことから、丁寧な字で読みやすく書くことが重要です。

青森県教員採用試験 面接対策のポイント

青森県教員採用試験の面接対策ポイントを3つ紹介します。

  1. 求める教師像を理解する
  2. 自己分析を進める
  3. 模擬面接で実践練習

求める教師像を把握する

青森県教育委員会が、どんな人物を求めているのか知っていますか?

面接は採用者側(青森県)が求める教師像と、あなたの人物像がどれだけマッチしているかを確認するために行われています。ここにズレが生じると不合格が確定してしまうので、必ず求める教師像をきちんと把握してから対策してください。

青森県が求める教師像は以下のとおりです。

青森県公立学校の教員として求めるものは、広い教養、充実した指導力、心身の健康、教育者としての使命感・意欲、組織の一員としての自覚・協調性、児童生徒に対する深い教育的愛情等、教員としての資質・能力・適性を有することはもちろん、得意分野をもつ個性豊かで人間性あふれる人材です。

福永

「このような人物が欲しい!」という教育委員会からのメッセージです。今までの経験や体験からアピールできるような内容を準備しましょう。

その他、以下の資料にも目を通しておくといいでしょう。

自己分析をする

続いて、自分自身をきちんと理解(自己分析)しましょう。自己分析ができていないと、面接官を納得させられる話をできないからです。

多くの方は自分という人間について深く理解し、売り込む経験をしたことなんてないですよね。

なので、自己分析をきちんと行って話す内容を考えておかなければ、面接では絶対に上手くアピールすることはできないのです。

コツは求める教師像を自分なりに解釈して、一つずつエピソードを考えること。

そうすれば、自分の芯と青森県が求める人物像とがマッチングしてくるので、話に厚みが出てきますよ。

過去の質問内容などを使いながら、面接で話す内容(自己PRや志望動機)を作るところから始めていきましょう。

模擬面接で実践練習

最後は、模擬面接を受けて実践力を鍛えましょう。

  • 本番特有の緊張感
  • 回答に困る深掘りポイント
  • 客観的な評価

1人で面接練習をしていては気が付かない部分がたくさん発見できるからです。

このような観点は一人では判断(評価)できないですよね。なので、最低でも3回は客観的な評価をもらえるような環境で練習してください。

練習相手は友達や家族でもいいですが、できるだけ経験者(予備校やその道のプロ)にみてもらうといいでしょう。

なお、面接対策を始める時期やコツは以下の記事で詳しく解説しています。

青森県教員採用試験 面接も過去問分析が大事

今回は、青森県教員採用試験の面接を徹底解説しました。

面接は筆記試験と違い、どのような対策をすれば良いのかが分かりにくく、努力がそのまま結果に繋がらない不透明な試験です。

そのために対策を後回しにしてしまい、不合格になる人が後を絶ちません。しかし、面接対策も筆記試験の勉強とやることはほとんど同じです。

過去問分析を行い”どのような傾向(聞かれる質問の種類)があるのか“を知り、そしてベストな回答を用意すること。

実際の面接試験で質問に対して即答できる受験者は、ほとんどいません。どの合格者も時間をかけて回答を練っています。自己分析や志望動機を考えることも重要ですが、結局は「事前に回答を用意する」ことになるので、それなら最初に過去問を使って回答を考えていった方が効率的です。

そして、第三者にきちんと伝わるかどうか、話し方や表情、態度などを確認しながら練習を続けることで、面接対策は考えているよりも簡単に行えますよ。

まずは過去問を使いながら、自分なりの回答を考えてみましょう。

過去の質問や回答例は下記記事で詳しくまとめています。ぜひ活用してください。

今回は以上です。

本記事の詳細はこちら