MENU
《非公開情報》noteで配信中!

岐阜県教員採用試験の教職教養とは?試験科目と出題傾向を徹底解説

岐阜県教員採用試験の教職・一般教養

岐阜県教員採用試験の中で特に厄介なのが、今回解説する教職教養。

なんとなく情報を集めて勉強を始めたものの、「結局、何から手をつければいいの?」と悩む方がほとんどでしょう。

そこで今回は、岐阜県教員採用試験の教職教養について、試験科目から出題傾向まで徹底解説します。

岐阜県教員採用試験の内容は幅広いので、教職教養は効率的・効果的に勉強していきましょう。

本記事の詳細はこちら

【概要】岐阜県教員採用試験の教職教養とは?

岐阜県教員採用試験の教職教養とは、教育に関する基本的な知識や理解力を測る筆記試験のことです。

校種・教科によって問題が異なる専門教養とは違い、全員が同じ問題を解きます

教職教養の試験時間と問題数

試験時間15分
問題数10問
2024年度教職教養の概要(岐阜県教員採用試験)

問題数10問に対して、試験時間はたったの15分しかありません。

1問1分程度のペースで解かないと時間に間に合わないので、各問題にかける時間をしっかりと配分することが重要です。

教職教養の出題形式

教職教養の出題形式は択一式です。4~5つの選択肢の中から、空欄に当てはまる語句の組み合わせを探し出します。

岐阜県教員採用試験の問題例
岐阜県教員採用試験の問題例

この出題形式の場合、空欄に入るすべてのキーワードが当たって正解なので、少し難度は高いといえるでしょう。

教職教養の配点

教職教養の配点は100点満点です。

1問10点×10問で計算されます。

得点目標は60点以上

得点目標としては、まず「60点以上(6/10問)」というのが第一目標です。合格者の多くがこの程度を取ってきます。

目標は70点。実際は60点程度でOKです。

教職教養の1問に深入りするより、得点が4倍もある専門教養を極めることが大切。くれぐれも科目間の重要性と勉強時間の配分を間違えないように注意しましょう。

教職教養の試験科目

岐阜県教員採用試験の教職教養は、教育に関する知識を問う「教職科目」のみで構成されています。

教育原理教育の基本的な理念や目的、さまざまな教育理論を問う科目
教育法規教育に関連する法律や規則の理解力を測る科目
教育心理学習理論、生徒の発達段階、動機づけや認知のプロセスに関する科目
教育史日本や世界の教育の変遷、重要な教育改革や教育思想の流れに関する科目
ローカル岐阜県の教育施策や制度、取り組みに関する科目
岐阜県教員採用試験の試験科目一覧
福永

一般教養科目(人文・社会・自然科学)からの出題はありません!

試験科目は多いので、適当に勉強を始めるのはNGです。

次の科目別出題数を参考にし、どの科目から勉強するのか考えてみましょう。

採用年度202220232024
教育原理5(3)57
教育法規1(4)22
教育心理1(2)31
教育史1(1)
教育施策2(0)
岐阜県教員採用試験の科目別出題数
  • 2022年度の()は高校・特支の数
  • 2023年度から共通問題
  • 上記の科目別出題数は僕自身の解釈であり、公式発表されたものではありません。
福永

教育原理に全集中でもよいですね!

教職教養の試験科目について、詳しくは次の記事でも解説しています。初めて教員採用試験を受験する方は参考にしてください。

【岐阜県教員採用試験】教職教養の出題傾向

科目によって出題数が違うように、出題分野にも傾向(よく出る・よく出ない)があります。

ここでは、試験科目ごとに出題傾向を解説しているので、ぜひ参考にしてください。

教育原理の出題傾向

教育原理は、次の12分野で構成されています。

出題分野
  1. 教育の意義と目的
  2. 教育方法
  3. 学習指導要領
  4. 道徳教育
  5. 特別活動
  6. 生徒指導
  7. 特別支援教育
  8. 人権・同和教育
  9. 社会教育
  10. 生涯学習
  11. 学校と学級
  12. 教育時事

このうち、もっとも出題されている分野は「6.生徒指導」です。過去10年間で7回(12問)出ています。

岐阜県教員採用試験の問題例(教育原理)
岐阜県教員採用試験の問題例(教育原理)

直近では、5~6年連続で出ていることから、今後も引き続き出題されると言えるでしょう。

その他にも「7.特別支援教育」がよく出題されています。併せて確認してください。

教育法規の出題傾向

教育法規は、次の8分野で構成されています。

出題分野
  1. 教育法規の概要
  2. 日本国憲法
  3. 教育基本法
  4. 学校に関する法規
  5. 学校教育に関する法規
  6. 児童生徒に関する法規
  7. 教職員の法規
  8. 教育行政等の法規

このうち、もっとも出題されている分野は「3.教育基本法」です。過去10年間で4回(4問)出ています。

岐阜県教員採用試験の問題例(教育法規)
岐阜県教員採用試験の問題例(教育法規)

直近では3~4年連続で出ていることから、今後も引き続き出題されると言えるでしょう。

その他にも「5.学校教育に関する法規」がよく出題されています。併せて確認してください。

教育心理の出題傾向

教育法規は、次の6分野で構成されています。

出題分野
  1. 教育心理学の歴史や意義
  2. 発達の理論
  3. 学習の理論
  4. 人格と適応
  5. 学級集団
  6. 教育評価

このうち、もっとも出題されている分野は「2.発達の理論」です。過去10年間で3回(3問)出ています。

岐阜県教員採用試験の問題例(教育心理)
岐阜県教員採用試験の問題例(教育心理)

直近3年で2回出ているので、今後も引き続き出題される可能性が高いです。

その他にも「4人格と適応」がよく出題されています。併せて確認してください。

教育史の出題傾向

教育法規は、次の2分野で構成されています。

出題分野
  • 西洋教育史
  • 日本教育史

過去10年間で3回しか出ておらず、2年連続で出ていないことから、今後は出題されない可能性が高いです。

念のため、勉強するなら過去2回出ている西洋教育史をメインに覚える程度で良いでしょう。

ローカルの出題傾向

ローカルは、岐阜県の教育施策や制度、取り組みに関する資料から出題されます。

主な出題分野
  • 岐阜県教育振興基本計画
  • 岐阜県教育大網
  • 岐阜県家庭教育支援条例

このうち、もっとも出題されている資料は「岐阜県教育振興基本計画」です。過去10年間のうち3回出ています。

岐阜県教員採用試験の問題例(教育施策)
岐阜県教員採用試験の問題例(ローカル)

幅広い資料から出題されるので、傾向を掴むのは困難です。また、2年連続で出題がないため、今後は出ない可能性もありえそうです。

深入りするのはコスパが良くないので、時間を見つけて岐阜県の資料を見る習慣をつけましょう。

福永

岐阜県教育委員会HPの検索窓に「〇〇 取組み」や「〇〇 資料」と入力して検索すれば色々出てきますよ!

なお、より詳しい出題傾向を次の記事で解説しています。効率的・効果的に勉強したい方は参考にしてください。

【岐阜県教員採用試験】教職教養でよくある質問FAQ

最後に、岐阜県教員採用試験の教職教養で、よく相談される質問に回答しています。

教職教養でオススメの参考書・問題集はありますか?

結論、セサミノート」をオススメします。

セサミノートは、書き込み(穴埋め)式の参考書兼問題集なので、狙われやすい語句やポイントが把握しやすいです。

同シリーズの参考書問題集も併用して使えば、効率的・効果的に知識を覚えられます。

もちろん、教員採用試験の参考書・問題集は数種類あるので、合う合わないがあります。店頭まで足を運び、自分の目で確かめて、合うものをチョイスしましょう。

教職教養はいつから勉強すればいいですか?

結論、専門教養の勉強がある程度進んだら始めましょう。

なぜなら、専門教養は得意な人が多く、配点は教職教養の4倍もあるからです。早い段階から専門教養対策に集中すれば、点数を取れる可能性が高まりますよね。

とはいえ、教職教養は専門教養と比較して出題範囲が膨大。そのため、完全に後回しにすると試験直前に大量の知識を覚えなくてはいけず詰みます。

したがって、教職教養は専門教養の学習がある程度進んだ後に本格的に取り組むといいでしょう。

教職教養の過去問はありますか?

結論、過去問はあります

岐阜県教員採用試験の過去問題と解答は、教育委員会のHPから入手(ダウンロード)できます。

解説はないので本格的な勉強はできませんが、出題内容の確認だったり、レベルの把握だったりは十分にできます。ぜひ、活用しましょう。

福永

その他に質問があれば、教採ギルド公式LINEより相談してください。

【岐阜県教員採用試験】教職教養は独学で勉強できるか

結論、岐阜県教員採用試験の教職教養は独学でも十分に勉強できます

なぜなら、

からです。

初めて目にする科目ばかりなので、決して簡単な試験ではありません。しかし、出題傾向も、参考書も、過去問も、簡単に揃えることができます

あとは、愚直に勉強するだけ。

したがって、しっかりと対策を行えば独学でも合格点を取れる試験であると言えるでしょう。

今回は以上です。

本記事の詳細はこちら