MENU
《非公開情報》noteで配信中!

対策ガイド2024|和歌山県教員採用試験の内容と傾向【一次・二次】

和歌山県教員採用試験の内容

今回は、和歌山県教員採用試験の概要や内容を徹底解説します。

日々の学校や仕事で忙しい中、効率よく試験対策できるかどうかは、選考内容や傾向をどれだけ理解しているかが重要です。

本記事を読めば試験の全体像から最終合格するには何をすればいいかまで網羅的に理解できますよ。

※全国の試験内容を「【令和6年度採用】教員採用試験の内容一覧を解説【全国66自治体】」で紹介しているので、併願を考えている人は参考にしてください。

本記事の詳細はこちら

和歌山県が求める人物(教師像)

  • 自らひたむきに学び続け、子供とともに未来を切り拓く人
  • 豊かな人間性と社会性をもち、学習指導に高い専門性を有する人
  • 和歌山県を愛し、家庭や地域とのつながりを大切にして、子供の気持ちを受けとめ、子供の育ちと学びをともに支えてくれる人
福永

「このような人物が欲しい!」という教育委員会からのメッセージです。今までの経験や体験からアピールできるような内容を準備しましょう。

和歌山県教員採用試験の概要

和歌山県教員採用試験は、和歌山県内・・・・・の公立学校で働く正規教員を決める公務員試験のひとつです。

まずは、和歌山県教員採用試験の概要を紹介します。

  • 令和6年度の変更点
  • 受験資格
  • 募集教科と採用予定人数
  • 試験日程
  • 実施状況

令和6年度の主な変更点

  • 一般教養及び教職専門試験を統合し、総合教養試験とします。
  • 小学校及び特別支援学校の実技試験を廃止。
  • 栄養教諭を募集。
  • 高校情報・農業・工業及び中学技術において社会人特別選考を実施。

受験資格(年齢制限)

以下の3つを満たしていることが条件となります。

  1. 昭和39年4月2日以降に生まれている
  2. 志望校種・教科の教員免許状を取得(見込み含む)している
  3. 学校教育法9条及び地方公務員法16条の欠格事由に該当しない
福永

受験資格の中でも、年齢制限は自治体によって異なります。

募集教科と採用予定人数

校種・教科令和6年度令和5年度
小学校160190
中学校国語1310
社会1410
数学1616
理科1310
英語1614
技術54
中高共通音楽43
美術65
保健体育1213
家庭63
高校国語77
地理歴史32
数学46
理科44
英語64
農業12
工業107
商業5
情報33
看護31
特別支援学校3441
養護教諭610
栄養教諭1
合計352365

試験日程

出願期間令和5年4月18日(火)〜5月10日(水)
一次試験令和5年6月24日(土)
二次試験令和5年8月8日(火)〜22日(火)

試験の流れや併願などは、「【令和6年度】和歌山県教員採用試験の日程とオススメの併願先」で解説しています。

実施状況

採用年度受験人数合格人数倍率
令和6年度1,1753323.5
令和5年度1,2973463.7
令和4年度1,3263773.5
令和3年度1,4153883.6
令和2年度1,4273983.6

校種・教科別の詳細は、「【2024年最新〜過去】和歌山県教員採用試験の倍率を教科別に紹介」でまとめています。

和歌山県教員採用試験の内容

ここでは、和歌山県教員採用試験の内容を試験ごとにまとめています。

一次試験総合教養(教職・一般教養)100点
校種・教科専門100点
適性検査
二次試験小論文5段階
個人面接10段階
集団面接10段階
実技試験10段階

傾向や特徴も解説しているので、ぜひ参考にしてください。

総合教養

試験時間60分
問題数30問
出題形式択一式
配点100点満点

総合教養試験とは、教員として必要な基礎能力や一般教養が、どれくらい備わっているかを測る筆記試験のことです。

主な出題科目は以下のとおり。

教職教養教育原理、教育法規、教育心理、教育史
一般教養人文科学国語、英語
社会科学日本史、地理、政治経済
自然科学数学、物理、化学、生物、地学、情報
その他一般常識、教育施策
令和3~5年度の出題科目

このように、中学校から高校までに学んだことのある内容ばかりですが、6年間で習った範囲を短期間で勉強し直さないといけないので簡単ではありません。

出題範囲も広いので、どの分野が多くでるのか、どの分野は苦手なのか、出題傾向を理解したうえで勉強することがポイントです。

出題傾向や効率的な勉強方法は、「【教員採用試験】教職教養・一般教養の内容は?勉強法や問題例を紹介」で解説しています。ぜひ、参考にしてください。

校種・教科専門

試験時間60分
問題数教科・科目による
出題形式小学校は択一式、それ以外は記述式
配点100点満点
令和5年度の情報

校種・教科専門とは、志望する校種・教科の専門知識や学習指導要領の理解度を測る択一式の筆記試験です。指導教科の専門性を問われるので問題レベルが高く、多くの勉強時間が必要という特徴があります。

福永

だいたい、大学入試共通テスト(旧センター試験)から国公立大二次試験で問われるレベルの問題が6割以上を占めています。

さらに、教科専門を得意とする受験者は多く存在し、一次合格者は専門の点数が高い順に決まります。

一次試験の合格者は、総合教養の選考基準に達した人を対象に、校種・教科専門の成績上位者から順位をつけて選考します。

和歌山県公立学校教員採用候補者選考試験実施要項より

そのため、ライバルたちと差をつけるためには、手厚く勉強を進める必要があるのです。

教科専門の勉強方法は、「【できないと落ちる】教員採用試験の専門教養が重要な理由と勉強法を解説」を参考にしてください。

小論文

試験時間60分
文字数800字
問題数1題
配点5段階評価
令和5年度の情報

小論文とは、自分の考えや主張を論理的に説明する文章形式の試験です。筆記試験では判断できない、論理的思考力や読解力、教師としての適性などを総合的に測ることを目的としています。

勉強すればした分だけ成果が見える筆記試験とは違い、解答は添削者の力量次第で変わってくるため、なんとも厄介な試験といえるでしょう。

小論文は、自分では文章が書けると思っていても、意外に書けなかったり、書けた(気になった)としても課題に対してまったく十分な解答にはならないことはよくあります。

毎年、小論文で評価がもらえずに不合格となる受験者は多いので早めに準備をしてください。

過去のテーマや対策方法は、「傾向と対策|和歌山県教員採用試験の小論文とは?【過去問あり】」でまとめています。

実技試験

実技試験とは、教科・科目に関する実践力を備えているのか評価する試験です。

対象校種・教科と内容は以下のとおり。

中高音楽・アルトリコーダー演奏
・ピアノ弾き歌い(夏の思い出)
・指揮ありで歌唱(当日指定)
中高美術ボタニカルアートを描く
中高保体・水泳(平泳ぎとクロール、背泳ぎ、バタフライから1つ選択)
・器械運動(倒立前転→側方倒立回転→前転→伸身ジャンプ1/2ターン→伸膝後転→開脚後転)+前方倒立回転飛び、前方倒立回転から1つ選択)
・ダンス
・武道(柔道または剣道)
高校工業電圧降下法、グラフ作成
令和5年度の情報

何ができて、できていないのかを早めに把握するようにしましょう。そのうえで出来るように少しずつ技能を磨いていくことが最適解です。

なお、課題に沿って完璧にできることにくわえて、熱意や意欲、態度なども評価対象。そのため、実際の試験では面接と同じように楽しくできるように練習してください。

集団面接

試験時間20分
グルーブ
(人数)
6人程度
面接官2人
配点10段階評価
令和5年度の情報

集団面接は、複数の受験者が一つのグループとなり、同時に面接を受ける形式です。 自己PRや志望動機などに関する質問について順番に回答します。

最初に1人30秒間で自己PRを述べた後、面接がスタート。

面接官は、同時に複数の受験者をみることができるため、受験者同士を比較して相対的な評価をすることができます。その反面、1人の受験者に集中できないため、個人面接のように深く掘り下げた質問はありません。

過去問

  • 最初に自己PRを30秒でしてください。
  • 教員に求められる資質は何だと思いますか。
  • 学校の役割は何だと思いますか。
  • いじめが起きる原因は何だと思いますか。
  • いじめ防止策として何が考えられますか。
  • 家庭学習の大切さを子供にどう伝えますか。
  • どんな教師になりたいですか。
  • 保護者対応で不安なことはありますか。
  • キャリア教育についてどう考えますか。
  • 長所と短所を端的に言ってください。
福永

答える順番は挙手制が多いそうです!

個人面接

試験時間20分
面接官3人
配点10段階評価
令和5年度の情報

個人面接とは、志望動機や自己アピールなどを問うことで、あなたが和歌山県の教師として相応ふさわしいかどうかを評価・判断する人物試験のことです。

個人面接は1人の受験者に対して、集中してチェックできるため、面接官は様々な観点から評価することができます。また、集団面接とは違い、受験者は自分一人だけなので緊張しやすい形式ですが、他の受験者がいないことから集中でき、自分をアピールしやすいという利点があります。

面接を苦手とする人は多いです。しかし、合格するには避けては通れません。

面接練習をすることで、

  • 自分の長所や短所
  • なぜ教員になりたいのか
  • 教員になって何がしたいのか

といった部分を改めて確認できます。自分と向き合う良い機会なので、時間をかけてじっくり取り組んでいきましょう。

過去の質問や対策方法は、「和歌山県教員採用試験の面接対策!質問内容や攻略のコツを徹底解説」で詳しく解説しています。

和歌山県教員採用試験の対策を始めよう

和歌山県教員採用試験の難易度は、そこまで高くありません。

しかし、筆記試験で点を取れば合格できるのではなく、面接試験などによる人間性が最重視されるため、努力がそのまま結果に結びつかない難しさがあります

最終合格するのは簡単ではありませんが、きちんと対策すれば受かることは十分可能な試験です。

試験内容と傾向を再確認して、効率よく勉強を始めましょう。

今回は以上です。

その他、和歌山県関連の記事一覧

記事が見つかりませんでした。

本記事の詳細はこちら