MENU
《非公開情報》noteで配信中!

【令和6年度】大阪市教員採用試験の日程とオススメの併願先

大阪市教員採用試験の試験日程 (1)
この記事でわかること
  • 令和6年度大阪市教員採用試験の日程
  • オススメの併願先と注意点

大阪市教員採用試験はいつあるの?」と、いまいち試験の流れを把握できていないのではないでしょうか?

教員採用試験に落ちる理由として「ノープランで対策していた」という人は多いです。試験内容は、筆記だけでなく面接など幅広い試験が課されるため、計画を立てずに対策することはNGです。

そこで本記事では、大阪市教員採用試験の出願から最終合格までの日程を徹底解説していきます。併願受験についても紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

教員採用試験に合格するためには、計画的な対策が必要です。本記事で紹介されている情報を参考に、試験対策を進めていきましょう。

本記事の詳細はこちら

令和6年度(2023年実施)大阪市教員採用試験の日程

大阪市教育委員会が2023年3月6日に発表した報道資料によると、令和6年度(2023年実施)大阪市教員採用試験は2023年6月24日(土曜日)から始まります。

試験日

一次試験1日目:2023年6月24日(土)
2日目:2023年7月16日(日)、17日(月)の1日
二次試験1日目:2023年8月19日(土)
2日目:2023年9月2日(土)~9月10日(日)
3日目:2023年8月16日(水)~9月3日(日)

出願書類の提出期間(申込期間)

受験申込の期間は2023年4月3日(月)~5月8日(月)です。

募集要項の配布は、大阪市教委ホームページでダウンロードできます。

合格発表日

一次試験1日目:2023年7月6日(木)
2日目:2023年8月3日(木)
二次試験2023年10月20日(金)

合格発表の方法

受験者本人宛に合否結果を郵送及び受験番号を大阪市のホームページに掲載します。

過去の日程

令和5年度(2022年実施)

出願期間2022年4月1日(金)~5月6日(金)
一次試験1日目:2022年6月25日(土)
2日目:2022年7月23日(土)、24日(日)のうち指定日
一次試験
合格発表
2022年8月5日(金)
二次試験【1日目】2022年8月20日(土)
【2日目】2022年9月3日、4日、17日、18日(※)
【3日目】2022年8月17日〜9月10日(※)
最終合格2022年10月28日(金)
※いずれか1日を指定します。

大阪市教員採用試験の日程から考える併願受験について

【併願受験とは】
大阪市と試験日が重なっていない自治体を受験することで、合格の可能性(正規教員になるチャンス)を高める受験テクニックのひとつ。

何としてでも教員になりたいので、出身地以外の採用試験を受験したいという人は多いはず。

そんな人は併願受験をオススメします!

オススメの併願先

過去の受験者たちを見ると滋賀県や高知県を併願している人が多いようです。

申込のし忘れを防ぐためにも気になる併願先はいくつかピックアップしておきましょう。なお、教員採用試験の日程一覧をこちらの記事でまとめているので、参考にしてください。

併願するメリット

  • 合格チャンスの増加
  • 試験慣れ
  • トレンド(教育時事)の把握

いくつかの自治体を併願受験すれば、本試験を迎える前に試験のイメージをつかめます。

何も知らずに受験会場に行くと、雰囲気や緊張感に飲まれてしまい実力を発揮できないまま試験が終わってしまうことも…。

その年のトレンド(教育時事)を知るメリットもあるので併願受験に向けて前向きに検討してみてください。

併願先と日程が重なってしまったら?

どちらかの受験を諦めるしかありません。

併願をしていると運悪く二次試験日が重なってしまうケースがあるんですよね…。

なので、もし日程が重なった場合は、早めに担当者に連絡をしてください。

まとめ|試験日から逆算してスケジュールを立てよう!

大阪市教員採用試験の出願から最終合格までの流れを解説してきました。

効率よく勉強するには、試験日から逆算して計画を立てていく必要があります。

また、計画を立てておけば、合格には何が必要かを把握するだけではなく、必要ないものを捨てることもできます。

しっかり日程を把握してスケジュールを考えていきましょう!

記事が見つかりませんでした。

本記事の詳細はこちら